森林浴と同じ効果を発揮?!バジャウが居心地いい理由を解説。

こんにちは

就活中のたいちです。

就活って難しいな。妥協はしたくないから「あー、ここは違う」ってなればこっちから選考に進まなかったりしてるんだけどなかなか本気で働きたいと思う会社に巡り会えない。

今日も一応面談があったけど、なんかマウントとってくるタイプの人だったし、まあ直感的にも特に働きたいと思わなかったからこれにて終了。

気ままに生きます。

今回はなんの記事かと言いますと、バジャウ族について。

昨日みんなも大好きな番組「われなんしに日本おるけ?」を見てて、森林浴をしにきたわれがいた。日々情報に触れる機会が多すぎて疲れたから森林浴の発祥の地の日本に来て、森林浴をしに来たわれがいた。

「森林浴って日本発祥なんなんだ」

と思うと同時に

「あ、バジャウにもその効果があるからみんな安らぎにくるのか」

ってなったって話。

まずバジャウが何か分からない人はこちらの記事をみてください。

筆者は考えたのです。

森林浴をすれば、ストレスフリーになる。

バジャウにいればストレスフリーになる。

あ、バジャウでストレスフリーになる理由って森林浴効果を発揮するからじゃね?

なので今からどのような環境下で森林浴効果が起こるかについて言及しつつ、同時にバジャウではなぜあんなにもリラックスができるのかを森林浴効果が発揮されてるからだよというのをご説明させていただきますので、どうぞよろしく。

森林浴とは

森林浴って言葉を聞けば、森の中を想像してなんとく深呼吸をしている姿を思い浮かべる人も多いと思います。

ほぼほぼ正解です。

一言で説明すると森林浴とはフィトンチッドをたくさん浴びることです。




「フィトンチッドってなーーーにーーー??」




という声がたくさん聞こえてくるのでこれも簡単に説明すると




「フィトンチッドは葉っぱや木などから放出される化学物質。」




フィトンチッドには有害な微生物を殺したり、空気を浄化する役割があります。

そのため森林の空気はいつも新鮮です。

その空気を人間が吸い込むことで血液が浄化され、老廃物が排出されたりします。

そしてリフレッシュされるのです。

森林浴効果が発動する環境

森林浴がなぜリラックス効果があり、またどのような環境下なら森林浴効果が発揮されるのか。

いくつか条件があるので、綴っていきます。

入ってくる情報が少ない

情報過多の今の時代。

無意識のうちに情報が入ってきてしまい、無意識のうちに脳が働き、気づいたら疲れている。

そういった経験ありますよね。

情報が溢れかえっている今の世の中では、ろくに休むことができないのです。

街並みを見れば、広告などで情報がインプット。

携帯を使えば、ラインニュース、SNSなどまた無意識に情報をインプットする環境に入ってしまいます。

休んでいても実際には無意識のうちに脳が情報収集をし、無意識のうちに脳が働いているのです。

そうしないためには、脳を無意識のうちは働かせないようにしなければいけません。

そう、情報を遮断すればいいのです。

情報を遮断すれば、無意識のうちに情報が入ってくることから避けることができます。

遮断する方法はいくつでもありますが、携帯を使用しないこと、テレビを見ないこと、街に出ないことなどで遮断することができるでしょう。

そして、森林浴では情報が無意識のうちには入ってこないので、休めるわけです。

さらに先ほど説明したフィトンチッドの効果によってリラックスが促進されます。

バジャウの環境がまさにこれです。

テレビは見ないので、ニュースからなどからは情報が入ってきません。

携帯を使わなければならない環境でもないので、SNSなどからも無意識に情報が入ってくることから避けられます。

さらに家は海の家にあり、広告などからも離れて暮らしています。なのでそれらから情報をインプットすることはありません。

これがバジャウでも森林浴効果が発揮される理由です。

風が最高に心地いい

風は人間を心地よくする1/fのゆらぎを作り出します。

聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

1/fの揺らぎとは周波数らしくて、脳波と同調らしい。人間を心地よくする効果があるんだって。

それで風は1/fのゆらぎを生むから、聞いてい心地いいらしい。それに風で葉っぱが揺れたりするのでも心地よくなるんだって。

あんまりわからないから気になる人はググってみて。

葉っぱの揺れ、風が森林浴では発生するため、1/fのゆらぎが起こり、リラックスできるのです。

バジャウでも同じです。

家の前には木々が生えているので森林浴と同じように1/fのゆらぎが起こり、リラックスできる環境を生み出しています。




しかも実際に効果があるのかはわかりませんが、風を浴びるとリフレッシュされなぜか清々しい気持ちになりませんか?

バジャウのシェアハウスは三階建で、三階は風を遮るものが何もありません。

そのため風があれば一日中その心地よさを味わうことができるのです。

さらにバジャウではリラックスできる理由

バジャウに以上の2点に加え、さらにリラックスできる理由があります。

続いてそれらを紹介します。

海の側

バジャウ族の集落は海の側にあります。

側というより、海の上です。海の家に家を建てて住んでいます。

そのため生活しながら自然をより近くで感じることができます。

さらに目の前には森(ただの木たち)があり、緑も感じることができます。

緑に囲まれている訳ではないので、森林浴の効果が最大限に発揮されるかはわかりません。

しかし、常時緑が目に入る状態であるので情報が無意識のうちに脳内に入ってくるのと同様に無意識のうちに緑を感じ、ストレスを和らげてくれているのかもしれません。

さらに先ほど海の上に家が建っていると説明しましたが、海にもリラックス効果があります。

それは海の音と色です。

色が精神状態に大きな影響を与えることは知っているかと思います。

例えば赤なら、「興奮」「刺激」「エネルギッシュ」など活動的な色です。

海の色青には

「心を落ち着かせる効果」

があります。

しかもなんなら、家自体が木でできているので、そりゃ落ち着くわけですわ。

情報過多により興奮した状態を落ち着かせます。

いわゆるリラックスです。

さらに、波の音にもリラックス効果があります。

波の音は胎内の音によく似ていて、胎内回帰したような安心感を覚え、リラックスできるのです。

青色と、波の音の相乗効果、しかも緑も自然と目に入る。

バジャウはそれほどリラックスに向いているのです。

森林浴には圧倒的な緑の力がありますが、バジャウではそこまでその力は発揮しませんので海の効果で対抗します。

人間関係のめんどくささなし

人間が抱える問題の8割は人間関係が原因だと言われています。

その人間関係の問題をバジャウでは気にすることはありません。

バジャウに住む日本人、松田大夢の人柄によってその問題は解消されます。

むちゃむちゃ壁がない接し片をするので、ストレスを感じません。

だいたい初対面の時は

「友達の家だと思って、くつろいでいって。」

と言われますが、その一言で圧倒的にくつろげる環境が整い、気付いた時にはアットホームな環境にいます。

さらにバジャウで会う人たちも、いい意味で全く気を使わない人たちばかりなので、その人たちとの人間関係を心配する必要がありません。

これは森林浴にはない効果です。

ハンモックで相乗効果

バジャウのゲストハウスにはハンモックがいくつかあります。

それらに揺られることで、リラックスが倍効果を出すようになります。

絶妙に心地よい揺らぎで、リラックス度がさらに高まります。

「揺れ」には科学者が行った研究から、睡眠に効果的という結果が出ています。

このように「揺れ」には心地よい感を固める効果があるのです。

これは森林浴中にもできそうですね。

持参したハンモックを木々の間にくくりつけて、完成。

さらに森林浴が気持ちよくなります。

バジャウは人に心地いいを与える環境

バジャウは森林浴効果を利用しているため、リラックス効果があるという仮説に基づき、理論立てを行いました。

森林浴効果が発揮される環境にはいくつか条件があります。

  • 情報が入ってこない
  • 適度な風を感じる

森林浴効果を出すにはこれが必須です。

バジャウの環境にはこれらがあります。その結果として森林浴効果を体感することができるのです。

さらにバジャウにしかない、リラックスを促進する環境があり、さらに幸福度の高いリラックスを生み出します。

先生、以上です。

※筆者の個人的見解ですので、全てが正しいという訳ではございません。




松田大夢の生体についてはこちらの記事へ!!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です