海外旅行は危険?気を付けるべき点とマインドセット!!!!

こんにちは!!

昨日に引き続き、今日もブログを執筆してまーす。偉い。誰か褒めて。

昨日は「海外一人旅初心者が読むべき記事」を書いたよ。初海外はやっぱりちょっと不安だよね。けど、その一歩を踏み出せば楽しい未来が待ってるからちょっとでも背中を押せたらなと。

さて、前回の記事で海外一人旅初心者が気をつけるべき点をちょこっと紹介したので、この記事ではそこを深く書いていきたいと思っています。これは別に一人旅に限ったことじゃなくて、海外にいく際の注意点なので、渡航する前に目を通してください。

  • 荷物を置きっ放しで席を立たない
  • 携帯、財布をズボンのポケットに入れて出歩かない
  • 何でもかんでも信用しない
  • 夜は一人で出歩かない
  • 少しでも治安が悪そうだと感じたらすぐに離れる
  • 話しかけてくる現地人はほぼフル無視でおっけー
  • 現地慣れしてる感を出しまくる

前回こんな感じで紹介したので、一つずつ詳しく書いていくね。

荷物を置きっ放しで席を立たない

荷物を置いたまま、席を外すのは危険です。

日本で暮らしていたら、レストランやカフェなどでトイレに行く際荷物を席に置いて行く人がほとんどだと思います。しかし、これを海外でしてしまうと盗難に遭う可能性があります。

少し電話をしに1,2分間目を離すだけでも危険です。

一人でいる時にどうしてもトイレに行きたくなったりしたら、荷物も一緒に持っていく。

もしくは近くの席の人に”Can you watch my stuff??”と声をかけて、荷物をみてもらうようにしましょう。

荷物をみてもらう人たちが悪い人だったら、、、。

運が悪かったなと諦めましょう。

カップルや、家族連れの人たちなら比較的安全かと思います。けど、僕の経験上色々な人に荷物をみてもらったことがありますが、悪い人を引いたことはありません。

席を立たなくても、携帯や財布を机の端っこに置いていたり、カバンを死角に置くのも危険なので気をつけましょう。

携帯、財布をズボンのポケットに入れて出歩かない

ズボンのポケットには大切な物をいれないようにしましょう。

特にズボンの後ろポケットは危険です。

死角なうえに注意がそこまで及びづらいです。

日本みたいに、携帯電話や財布をズボンの後ろポケットに入れるのは危険です。さらにポケットからはみ出ている状態は特に危険で、海外でこれをやってしまえば「どうぞ、ご自由に盗んでください」と言っているのと同じです(同じではありませんが、ほとんど同じようなものです)。

特に人が多い場所を訪れる時にはポケットに大切なものを入れて行くのはやめましょう。

何でもかんでも信用しない

世の中にはいい人もいれば悪い人もいます。

海外では母数の数が多い分、悪い人に出会う確率も上がってしまいます。特に海外では、旅行者を狙った犯罪、盗難などが起こっています。

旅行者とわかれば狙われやすくなるので注意が必要です。世界的に日本人はお金持ちとして知られているし、さらに悪い言い方をすれば「カモ」だとも知られています。

いきなり近づいてきて、何か話しかけられてもまずは真に受けないこと。

「案内してあげる」とか「写真撮ろうよ」とか言って近づいてくるけど、そういう人たちは大概あとでお金を求めてくるから。

夜は一人で出歩かない

これは海外旅行初心者でも流石にわかるでしょ。

夜賑わっているところに行くのならまだいいけど、その帰り道とかが危険なんだ。

わいわいしている場所では、人がたくさんいてるからまだ大丈夫かもしれないけど、そこから一人で帰るってなるとめちゃめちゃ危険。特に徒歩の場合は危険度ましまし。

せめてタクシーとかを使おう。

徒歩で帰るとどんなことが危険かって、どんな危険なことが起こりうるかって、



まず、銃突きつけられてお金、携帯全て没収。

それ以外には、女性の場合はレイプなどの性犯罪。

どっかに連れて行かれて臓器売買のために臓器没収。

シンプルに命を没収。



などなどこんな感じ。日本では滅多に起らないであろうことがいとも簡単に起こってしまうから注意が必要だね。

夜に外出、特に人気がない場所へは行かないこと。

あと、もし変な人たちに捕まったり、銃を突きつけられそうになったりした時にはまず逃げないこと。

逃げれば追って殺しにくるよ。

お金や携帯を渡して命が助かるのなら、喜んで差し出すべし。

少しでも治安が悪そうだと感じたらすぐに離れる

これは何を判断基準にするか初めはわからないかもだけど、なんとなく雰囲気で「うわ、ここはちょっとやばそう」ってのがわかるんだよな。この記事をみているだけじゃわからないだろうけど、実際に行けばわかる。第六感(?)が働くから。

例えばどんな場所が危なそうかは、

ホームレスがたくさん集まっている場所。

スラム街。

ウォールアートが盛んな場所。言い換えれば、建物などに落書きが多い場所。

人の目線が全て自分に向いているような場所。

などなど。全て一概には言えないけどこういった場所が危険なことが多いような気がする。だからと言ってこの記事をみてレッテルは貼らないでほしい。

ホームレスが集まっている場所でも、みんな優しくてようしてくれる場所もあるし、スラム街でもめちゃくちゃウェルカムなところもある。

なので、実際に行ってみて実感してほしい。

話しかけてくる現地人はほぼフル無視でおっけー

これは上記の、「何でもかんでも信用しない」とほとんど同じ。

これも何度か海外経験していったらわかるようになるんだけど、初めのうちは話しかけてくる人たちは基本的に無視して良いかな。

何度か経験していくうちに、「あ、この人は信じても大丈夫そう」とか「うわ、これ明らかにあとでぼったくってくるやん」とか見分けがつくようになってきます。

大丈夫そうと思って信用してても、どこかで疑いの目を持っておくと危険な目にはあいづらくなるね。

途中から怪しいと思ったら塩対応で撃沈させよう!!

現地慣れしてる感を出しまくる

これを習得できれば、危険な目にあう確率がガクッと下がるよ。



現地人かのような振る舞い。

そこに住んでいるかのような服装。

海外慣れてますよと言わんばかりの堂々とした立ち振る舞い。

話しかけられてもはいはいおっけーと流す技術。

というか現地人になる(なったつもりでいる)。



このような雰囲気を醸し出せるようになったら、海外ももうあなたの庭。

よっぽどのことがない限り騙されたり、危険なことに巻き込まれることはないでしょう。

まあそれでも、ダメな時はもう諦めて流れに身を任せましょう。

まあ基本気をつけていれば大丈夫!!

ここまでで色々書いたけど、まあ上記のような最低限のことを守っていれば基本大丈夫だよ!!

そして大丈夫じゃない時は大丈夫じゃないから。

そんなこと行ってみないとわからないし。

海外行きたいけど、「危険かなー」とか考えてる人はとりあえず行っちゃおう!!

考えたところでそんなこと答えでないから!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です