全ての人が日本にいながら英語が話せるようになります。

こんにちは

今日はクソ大都会東京からお届けしています。

昨日海外にいる友達と久々に電話したんだけど、環境ってやっぱりすごい。

日本にいたら、なんか自然と「働かないといけない」みたいなスイッチが入る。

スイッチが入るというよりも、その圧をひしひしと感じる。

でも別に働くことに対して、嫌と思っているのではないということに気が付いた。

ワクワクすることが好きだから、ワクワクするなら働いてもいい。

今までは働くのが嫌なんだと思っていたけど、「普通に」働くのが嫌だった訳で

「異常に」働くことに関しては大丈夫そうな体質だったんだ。

ほいで今回書いていく記事は、英語が話せるようになりたい人向け。

特に日本にいながら英語が話せるようになりたい人に向けて書いてる。

僕は留学というチートを使いまくったので話せるよになったけど、継続できれば日本にいながらも話せるようになるのでその方法をずらずらーって綴ってくよ。

正直、海外にいきたいって欲が別にないのなら、今から説明していくことを継続して行っていけば海外に行かずとも英語は話せるようになるよ。

ちょっと長くなったけど、最後まで読んでほしい!!

オンライン英会話

日本にいながらネイティブの人と話せる機会があるのに使わないっていう選択肢はない。

話せるようになりたいなら、話すのが一番早い。

実際に使用されている英語を学ぶことができる。

英語話せるようになるための方法は、英語を話す以外ないからね。

リスニング力アップにも繋がるし。

けどオンライン英会話ってたくさんあってどれがいいかな?って言われても僕もやったことないんでなんとも言えませんが、僕の周りだったら

「DMM英会話」

「ネイティブキャンプ」



この二つのどっちか選んでたら問題ないでしょう。

英語話せるようになりたいなら話す機会が必要なので、オンライン英会話はまず間違えないでしょう。

あ、あとスマホでも英語学習ができるアプリはたくさんあるからそれらを駆使すれば、オンライン英会話にお金を払わなくてもネイティブを会話する機会は作れるよ。

アプリだと僕が使ってたのは”Hello Talk”。なかなか良いと思うよ。

あ、あと以前カウチサーフィンを紹介する記事を書いたけど、実際に会えて英語を使えるから使ってみるのもありかも。

カウチサーフィンの使い方や、そもそもカウチサーフィンって何ってのはここから見れるよ。

もう一文追加する努力

英語が話せるようになるには、上記でも書いたようにとりあえず話す以外方法はない。

なので、会話をしていても相手が一方的に話していればリスニング能力が上がるだけ。

留学へ言っても話せない人は多く、そういう人たちはだいたい聞いてばかりであまりはな話さない人が多い。

なのでとにかく話そう。

そこで上達のスピードを上げたければ、一文追加すること。

もう一文追加する努力とは例えば、

“Where are you from?”と聞かれた際に

“i am from Osaka, Japan.”

だけで終わるのではなく、

“Have you ever been to Japan??”

日本を訪れたことがあるかを尋ねる文を付け足す、他にも

“Osaka is the second biggest city in Japan.”

のように大阪を説明するような文を付け加えて、少しでも多く話そうとする努力が必要。

一文足せるように慣れば、二文、三文と少しずつ増やしていきましょう。

これが話せるようになるためのコツです。

塵も積もれば山となる理論。

独り言を英語にする

会話する相手がいなくても独り言を英語にすれば話す機会がなくなることはない。

けど、いきなり独り言を英語にしてみてって言われても無理だと思う。

なので始めは一日の終わりに、その日の日記みたいな感じでその日にあったことを口に出してみる。

例えば



“I went to Kyoto to study programming today.”

“I always go to Starbucks to study but it does not mean I like it. Just because it is there I go.”



こんな感じで短文でいいから少しずつやってみることが大切。

それも始めは難しいと思う。

単語がそもそも出てこないし、構文とかも全然わからない。

でも構文は気にしなくて良い。

単語は調べればすぐ出てくる。

それでも、、、って人は、短文日記を英語で書いて、それを口に出してみる。

それでも続けていれば十分話せるようになるよ。

何でも口に出してみることが大切。

僕も実際、自転車に乗ってる時とか、一人で歩いてる時とかは英語でぶつぶつ言い続けてた。

変な人やんって思うかもしれないけど、誰も気にしないよ。

日本人のほとんどの人は英語を聞き取れないから何の問題もない。

耳を英語に慣らす

話せるようになりたければ、耳を英語に慣らすことも必要で結構大切。

耳が英語に慣れてないと、発音もうまくいかない。

だから、第二言語学習に置いて耳が良いひとは比較的学習が早いって言われてる。

実際にそういう研究結果も出てる。

なので英語を聞きまくって、耳を英語に慣らす必要がある。

具体的には、僕が実際に行っておすすめする方法は

英語を聞き、それを一語一句逃さないようにメモをとるというやり方。

まあ一語も逃さないというのは無理な話だけど、それだけ聞こうと集中して取り込むことで効果アップする。

これほんと。

何となく聞き流してるのと、本気で聞くのでは成果に天と地の差がでる。

雲泥の差が。

まるで月とスッポンのような。

始めは一単語しか聞き取れないかもしれない、もしかしたらゼロ。

でも続けていれば、確実に聞き取れる単語数は上がっていきます。それに成果が数字で現れるのでモチベーション維持にも繋がるって話。

どんな英語を聞くかは何でもよくて、でもまず始めは自分の興味のあることが良いかな。

映画とかならまず始めは英語で聞いて、書き取りをして、その後字幕をつけてもう一度見るとかもできるから良さそう。

ちなみに僕が使用してたのはTed Talk

英語学習者なら知っておきたいですね。

様々なジャンルのアイデア、話しを聞くことができる。

さらにめちゃめちゃ有名な人が話者であることも。

ちなみにTed Talkに参加をしようとするなら1万ドル(100万円)必要。それだけ価値のある話をタダで聴けるってそうそうない。

ジャンルはビジネス、アート、哲学、テクノロジーなどなど。

日本語字幕をつけることもできるので、英語学習とか関係なしにおすすめする。

使える単語を増やす

自分の使える単語が少なければ少ないほど、会話は難しくなってしまいます。

知ってれば言いたいけど、知らないから躊躇してしまうことってありませんか?

そうやって話す機会が減ってしまうのです。

単語力をあげるための方法はたくさんありますが、おすすめは付箋に単語と意味を書き、家の壁に貼り付ける。

これで毎日単語を意識しなくても見ることになります。

意識しなくても見るっていう点が重要で、そうすることで自然と頭に入ってきやすくなるのです。

トイレなど何もすることがない場所に貼って英語に触れる機会を増やしましょう。

ちなみに「使える英語」と表現しているのには意味があります。

何が言いたいかって、「使える単語」と「知っている単語」は違うってこと。

単語は知っていても、どういった場面で使えばいいか理解していなければ使うことはできません。

なので単語を勉強する際には、どういった文章の中で使えるかをイメージしながら学習することで実際の場面で単語が出てくるようになります。




それから、使える単語を増やすことでよりネイティブっぽくなる。

ネイティブはよく言い換えをする。

“How are you??”

“What’s up??”

“How’s it going?”

“How are you doing?”

これ全部意味一緒。

ネイティブはこれらをなんとなく無意識のうちに使い分けてる。

ネイティブのように英語を話せるようになりたいなら、色々な言い方、表現の仕方を学ぼう。

文法は気にしない

僕の経験上、日本で英語教育を受けていればまず文法から入ると思うけど、英語が話せるようになりたいのなら文法はまず気にしなくていい。

文法を気にしすぎて、文法に当てはめようとすればするほどなかなか口に出てこなくて、話せなくなってしまうってことがよく起こる。

日本語でも文法が間違ってても全然伝わるよね。

私する明日サッカー。

これで意味が通じない人はほとんどいないと思う。

絶対に「あー明日この人サッカーするんだ」って思うでしょ。

それと同じ。

I will play soccer tomorrow.

これが

tomorrow play soccer.になっても通じるし。

I will soccer. 別にこれでもだいたい言いたいことは伝わる。観に行くのかな、プレーするのかなと聞き手が疑問に思えば聞いてくるだけだし、なんの問題もない。

文法は勉強をしながらも、初めの方は話す時には文法のことは一旦忘れてオッケー。

実際ネイティブの人も文法めちゃめちゃなことなんて山ほどある。

いちいち訳さない

日本語に訳してしまうのは非常にもったえないです。

それと同時に時間の無駄です。始めはどうしても日本語に訳してしまいますが、最終的には英語のままで理解できるようになる必要があります。

訳す技術は英語を理解する能力とはまた異なります。

翻訳家になりたいのなら、日本語に直す能力も必要ですが、それもまずは英語を理解する能力を身につけてからの話になります。

訳してばかりでは理解できるようにならないので、英語のまま理解するという姿勢で勉強に取り組むことが必要。

英語には日本語にない表現がたくさんあり、さらに意味のニュアンスも全く同じというものはありません。

日本語に訳せない言葉もたくさんあります。

なので英語は英語のまま理解するのが、話せるようになる近道です。

【まとめ】英語が話せるようになるためには


日本にいながらも英語が話せるようになるために必要なこと。


これらの中でもやはりオンライン英会は日本にいながら英語が話せるようになるために最強のツールです。

以前に、「英語が話せるようになりたいから外国語大学に行きたい」って人に向けて、その決断は誤っているよという記事を書いたのでそちらも是非呼んで下さい。

こちらの記事では外国語大学に入っても英語が話せるようにはならないよということを説明してます。

是非ご参考程度に。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です